株式会社片桐紙器

[プライバシー・ポリシー]

北海道の段ボール製造の先駆的企業として。

産業や経済が目覚ましい発展を遂げていた旭川で明治44年に紙箱製造・販売店「丸松 片桐紙函店」を創業。
昭和に入り、農・海産物の物流容器の主流は「木箱」の時代に親交のあったレンゴー(株)の札幌工場長から「これからは段ボールの時代になる」との提言を受け昭和22年に、北海道でもいち早く段ボールの製造・販売に着手し地域の産業と共に歩んできました。
会社の歩み

株式会社片桐紙器の沿革

1911明治44年旭川町4条通5丁目に丸松片桐紙函店として創業。
1947昭和22年法人組織、有限会社片桐紙器工業所とし、旭川市4条5丁目に設立。
1954昭和29年段ボール箱の製造、販売を開始。
1961昭和36年紋別市に、営業所開設。
1962昭和37年段ボール工場を焼失。旭川市南6条23丁目に新たに段ボール工場を建設。
1968昭和43年(株)壺屋総本店忠和工場新設に伴い、紙器忠和工場を新築。
1971昭和46年紋別段ボール工場を新設。
社名変更、有限会社片桐紙器とし、会社マークを設定。
1972昭和47年旭川市流通団地に、倉庫新設。
1973昭和48年旭川段ボール工場第2工場新設。
紙器工場の貼箱部門を豊岡へ移転し貼箱工場とする。
1974昭和49年資本金1,000万円に増資。
1985昭和60年豊岡に貼箱工場と機械箱工場を移転し、紙器工場を新設。
1990平成 2年7月1日、旭川市東旭川町日ノ出37番地の56に、新社屋新築落成、本社、
旭川段ボール工場を移転。
1992平成 4年1月9日、旭川市東旭川37番地の48の用地に、製品倉庫新築落成。
1995平成 7年3月16日紋別新工場着工、7月15日完成、8月28日稼働。
1996平成 8年3月22日より組織変更、株式会社片桐紙器とする。
2004平成16年資本金2,000万円に増資。
2011平成23年6月1日、創業100年を迎える。
2017平成29年紋別事務所棟新築。