株式会社片桐紙器

[プライバシー・ポリシー]

ご挨拶

Pacagin Solution Company 代表取締役社長 浅井 傑

地球環境を守り、地域産業と共に歩み続けるパッケージング・ソリューション・カンパニー。

私たち人類は便利な暮らしを求め発展し続けてきました。しかしその代償は様々なカタチで地球の環境問題を引き起こしています。大気汚染・酸性雨・オゾン層破壊・温室効果ガスの放出による地球温暖化、その他にも様々な問題が・・・
掛け替えの無い地球は、自然・動物・人類などあらゆるものが繋がって形取られています。
限りある地球資源も人間が消費し続けるといつかは枯渇します。

では、私たちに今、何ができるでしょうか?
地球の未来はただ待ち受けるものではなく、積極的に実際に作り出せるものです。

私たち片桐紙器の主力商品である段ボールは、ほぼ100%が再び段ボールとして生まれ変わる、リサイクル製品です。
段ボールのリサイクル率の高さは、地域や学校での廃品回収の徹底や、段ボールを再生資源として活用しようという個人の意識の高さによるものと思われます。
この良い習慣がこの先もずっと続いていけば、段ボールのリサイクル率は100%をさらに超えて伸びていくのかもしれません。

段ボールは毎日の生活の中で一度は目にするくらい暮らしに浸透し、更に物流のグローバル化で世界中へ広がりゆく輸送容器の中心的役割として邁進していきます。

地球環境を意識した「リサイクル・トップランナー企業」として誇りを持ち続け理想的で持続可能な循環型社会を目指し社会に貢献して参ります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: yuryo2021_bright500_4c_yoko.jpg
「健康経営」の取組みを行っております。

従業員の健康管理を経営課題とし、従業員の健康を重要な経営資源として捉えて、健康づくりの推進を「コスト」ではなく「将来への投資」として参ります。

*「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。
*2021年よりブライト500(中小規模法人部門内上位500社)として認定されました。